2007年10月21日

雑記

■さて、だいぶ時間がたってしまいましたが……。
こういう「戦争ごっこ」みたいなものは非常に疲れる。相手もいることだし不用意なことは書けない。
■でもいちおう感想を書いておくと、萬さんに言及してもらって気づいたのだけど、これはそういういわゆる「弱者利権」云々の話ではなく、流行りの言いかたでいえば、きわめて「ゼロ年代」的な問題だろうと思う。あれはやはり「文学」なのだ。
■ところで、Arisanのノートにおいて、小泉義之『兵士デカルト―戦いから祈りへ』について書かれている(http://d.hatena.ne.jp/Arisan/20071018/p1 http://d.hatena.ne.jp/Arisan/20071019/p1 http://d.hatena.ne.jp/Arisan/20071019/p2)。
これを読んで、なぜ「留保なき○○の肯定」という揶揄がデカルトと関係があるのか理解できたし、なぜfinalvent氏が日の丸・君が代の教育現場での義務化について、そういうものは首をすくめて通り過ぎるのを待てばよい、というようなことを言ったのかがわかった気がした。
もちろん、僕もArisan氏と同様、その立場に全面的には賛同できない。何度も言っているように、われわれ日本人は「制度の外」が存在することを簡単に認めすぎる(それがどんなに恐ろしいことかということを無視している)。
けれども、この「生の無条件の肯定」を批判し、みんながもっと「自重」すれば世の中はもっと良くなる、と言うべきではないと思う。というより、両者はおなじ一つの結果を、つまり「無責任(自由!)な政府」という厄介な代物を呼び出すことに貢献してしまうのではないだろうか。
■しかし、不用意にもこんなことを書き飛ばす僕自身にこそ、もっとも自重が必要なような気もする……。

(あとでリンクとか足します)
posted by 甲虫1 at 2007年10月21日 22:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「留保なき生の肯定」、あるいは「落ち度」と「結果責任」
Excerpt: ■僕はアクセス解析大好きなので(得意げに言うなよ……)、リンク元を探っていると、「留保のない生の肯定とは - はてなキーワード」からアクセスがあったことがわかった。 見に行ってみると、うちのブログの引..
Weblog: 甲虫ブログ
Tracked: 2009-01-17 22:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。