2011年02月27日

われら多数派

さて、なぜ「植民地支配は価値観としては中立」という発言が僕にとって重要なのか、ということなのだが。

「日本人は(日本国内で)差別されている」というネット右翼の奇妙な主張があるわけだが、それは公民権の価値の低下(という意識)が背景にあるのではないか、みたいなことを前にちょっと書いた(「「市民」の話」)。

ところで、左翼というのは選挙では負け続けである。しかもというかなんというか、いわゆる先端的な文化人というのは新左翼を経由してたりするので、彼らは議会政治では最弱政党である共産党などよりさらにマイナーな存在である。
だから、そういう文化人やそのシンパが、自分は公民権のお世話になったことはないなどと考えても、そんなにおかしくはない。でもこれは、このようなポスト新左翼文化人とネット右翼との間に密かな連続性があるということなんじゃないだろうか?

「植民地支配は価値観としては中立」というのは、そのようなポスト新左翼サブカル文化(<だんだん長くなっていくな……)からすれば、当たり前の発想なのだと思う。しかし、日本生まれの日本人であり健常者である男性が、なお自らをマイノリティと認識するというのはどういうことなのだろうか。

今の日本は左傾化している、と言う人がいる。保守系文化人やネット右翼ではなく、良識ある人物が、である(二人ほどだけど)。僕はそれを疑問に思ってきた。逆じゃないか、と。
しかし、上の認識が事実なら、確かに日本はある意味で左傾化している。
ただ、そうすると「左傾化」のトップランナーは、たとえば在特会だったりすることになってしまうのだが。

「多数派の特権」の批判というのは、そういう中でどういう意味をもつのか、などと考えてしまうわけだが……(なんか、話が逸れたな……)。
posted by 甲虫1 at 2011年02月27日 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。