2010年03月27日

続・教育への欲望?

※hokusyu氏のidを「hokushu」と誤記していたので訂正【2010/11/4】

甲虫ブログ: 教育への欲望?甲虫ブログ: 教育への欲望?にブクマコメントをいただいた。
Apeman 「「トラウマ」に対する批判」←誤読。
はてなブックマーク - Apemanのブックマーク
あ、いや、誤読とか正読(こんな熟語はないはず)という以前に、僕には「読めない」ということを書いたつもりだったんですが。

元記事(表現規制問題 - hokusyu - はてなハイク 表現規制問題 - hokusyu - はてなハイク)には「「押し付けはできるだけ無いほうがいい」とは思いません。」とはっきり書かれているわけですから、単純に教育=トラウマ=悪とhokusyu氏が考えているわけではないというのはわかるわけですし、僕もそのように書いたつもりです。

でも、そこから先がわからない。《悪を教える》みたいな逆説をもてあそんで反論が許されない特権的な立場に自分を置こうとするのはろくでもないとして、ではその逆は、正しいと思うことを正しいこととして教えるという普通の「教育」でしょう。

でも、じゃあ「反教育」というのはどっから出てくるのか。そこになにか別の文脈なりアイデアなりが(自明のものとして)あるのではないか、でも僕はそれに気づいてなかったかも……、という話です。
posted by 甲虫1 at 2010年03月27日 09:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

教育への欲望・その3
Excerpt: たぶん、この日本には「草の根ホモソーシャルなおっさん」とでも呼ぶべき人たちが一定数存在しているようにおもう。メモなので略して「草ホソ」と書くと、草ホソな人たちは、若者組とか不良集団の絆みたいなのに、い..
Weblog: 甲虫ブログ
Tracked: 2010-04-01 08:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。