2009年12月21日

共同体は善か悪かとかいうことについて

やっぱりこういうところが問題になってくるんですよね。僕は「誤読」云々に触れる資格と能力がないので、《問題》しか見れない。だから、初めからこのこと――前にも触れたけど(「甲虫ブログ: 法と無法と社会」)、つまり自治とリンチはどう違うか? みたいなことだけが僕にとっては重要だった。(これについてはどうしても内藤朝雄理論を想起してしまう)。

で、これは、これ自体がかなり難しい問題で、ちゃんと検討されなければならないはずなんだけど、なぜかそれが知性や論理能力や人権意識、そして憲法に対する理解度が高ければ自明なことのように言う人がいるのが、話をややこしくしていると思う。

というか、この問題に議論の余地があると言うこと自体が法と人権に対する抑圧だ、というメタレベルの禁止が議論に混ぜ込まれている。ほんとは、そういう意識が出てきた時点で対話は終わりのはずだ。あとは相手をつまみ出すだけだ。そして、前にも書いたけど、法廷や議会だったらそれでいいけど(ほんとはよくないが)、オープンな議論ではそれは端的に無意味だと思う。


●で、その本題であるはずの、自治とか共同体について、ちょっと違う話。

あるところで、さいきん柄谷行人や宮台真司が中間集団の意義を強調していることに対して、《やはり人は共同体なしでは生きられないのか》というような反応をしている人がいてちょっと驚いた。柄谷氏や宮台氏が言っているのは、それらの共同体が別の共同体や国家などの上位集団と相互に牽制しあうことによって《個人の》自由を高めることができる、ということのはずだ。共同体そのものが素晴らしいとかそういう話ではない。
中間集団が国家の「下請け」になってしまっている(そこに牽制や葛藤がない、つまり「外」がない)ということが日本の社会の問題なのだ。

このことを無視して《共同体と個人のどちらをとるか》と問うのは無意味なことだと思う。「ムラ社会」みたいなものを典型的な共同体だとして、それの崩壊がよいことだった、とか言われても困る。もちろんだからといって、さあいまから中間集団を作りましょう、とは行かないわけだが……。
posted by 甲虫1 at 2009年12月21日 19:31 | Comment(12) | TrackBack(0) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2009年12月16日

「私が休んだら、職場に迷惑がかかる」問題

これ、簡単明瞭な話なんだけど、不幸なことに日本には根強い「アナーキズム」の伝統があって、こういう話をすると、《仕事》は大事だが《会社》はほんらい存在しないほうがいいものであって、それを前提にするのはいかん、とか、言われたり自分で思っちゃったりすることがあるのではないかと思う。

苦しいね、どうも。
posted by 甲虫1 at 2009年12月16日 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2009年12月07日

Web は議会でも裁判所でもない

Web は、(というか言論は)議会でも裁判所でもない。
生身の人間の生死を決めるものである法律が作られたり、誰かの処分が下されたりする場所ではない。
そういう判断が下される決定的な時と場所を持っていない。
だから、強行採決も、牛歩戦術も、座りこみも、ここでは意味がない(<裁判の例が思いつかなかった…orz)。

あのさ、そこを半分わざとのように混同してる人って、たくさんいるような気がするんだけど、違う?
そしてそれは、おそらく、団塊世代以降のサブカル論壇みたいなものが、ずーっと抱えてる問題なんだと思うんだよね。


――あ、ひとつキーワード入れとこう。「ポル・ポト」。

posted by 甲虫1 at 2009年12月07日 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2009年12月03日

事業仕分けと精神分析
























――タイトルだけ考えた。
「の」ではなく「と」であることがポイント。
あと、「精神分析」はサルトルとかでも可。
(これだけの情報で何を書こうとしたか後で思い出せるかな?)。
posted by 甲虫1 at 2009年12月03日 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。