2009年08月21日

フィクション。

NaokiTakahashi 政治性を引き受けた上で「それで?」と切り捨ててるのだが。批評的に見てくだらないから。 あのね、プラネテスはフィクションだよ?作中で300人死んでも現実の犠牲者はゼロだよ。現実と虚構の区別をつけようね。 2009/08/21
はてなブックマーク - NaokiTakahashiのブックマーク
後半がシュールで、一目見てどうしていいかわからなくなった。なんか、ウィトゲンシュタインあたりが怒り出しそうな……。
posted by 甲虫1 at 2009年08月21日 23:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2009年08月18日

自己責任と「世間」

たしかに日本政府が貧困についての統計を60年代後半以降取っていなかった(つまり政府にとって、貧困はいわばマイナーな「事故」に過ぎなかった!)というのはショッキングな事実なのだが、僕の場合、このショックのかなりの部分は、80年代以降のいわゆるポストモダン・サブカルチャー的な言説が、日本政府と同様の認識に基づいて自由について考えてきており、僕を含んだ多くの人がのんきにそれを追認してきた、ということに気づかされたことに由来する。この記事に引用されている文章(金井美恵子による)で言われている橋本治であれ村上龍であれ、彼らが「世間」を正面切って肯定したことは無いと思う。でも、政府の干渉を廃して市民ですべてをまかなっていこうという発想になればある種の自律が求められ、そのとき一般的な他者としての「世間」が倫理の根拠として召喚されてしまう。そして実際にはわれわれの政府は個別の事象にいちいち干渉したりせず個々の家計の「自立」を手助けするだけ(もちろん「世間」を上手く使って)というポジションをはじめから取っているのである。けっきょくこの20年に何が起こったのかといえば、われわれは実在しない“おせっかいな政府”をみごと討ち果たした、ということなのだということになる。自己責任論と「世間」が実質的に同じものだったのだ、というのは重要なことだ。

あと、ふたつ言いたいことがある。ひとつは、貧困統計がされなくなったのはあくまで60年代後半なのであるということ。左翼の退潮はその後に起こったのだ。その後も、左翼のすくなくとも一部は、ずっと貧困にこだわっていた。その左翼の態度をずっと批判していた(そうでなくてもその批判をおかしいといわなかった)われわれが、いまさら右も左もダメだったなどという権利があるだろうか、ということ。

あともう一つはいわゆる「ムラ社会」のこと。この語の初出がなにかというのを僕は知らない。でも、これはいわゆる狭い共同体一般とは違ったニュアンス(「日本特殊論」的な)の言葉だと思って来たのだが違うのだろうか。相互干渉がうっとうしいというのと、イエとイエとが内情を問わず平等とされ互いに牽制しあっている、とかそういうのは、重なる部分とぜんぜん違う部分があるような気がする。
posted by 甲虫1 at 2009年08月18日 14:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2009年08月10日

感心と反感

のりピーは根性ある、お塩様はなさけない、という話なのだが、コメント欄に、もし自分が裁判員なら押尾氏は減刑したいが酒井氏には罪を重くしたい、と書いてる人がいた。

もし自分だったら――と考えたり、逆にまったくの他人事であったりすれば“強い”ということはいいことだが、そうでなければそれは“ふてぶてしい”とか“可愛げがない”とかいうことになってしまうのだろう。

距離感というのはけっこう大きなことである。
posted by 甲虫1 at 2009年08月10日 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2009年08月07日

大蟻食の退場

内容はともかく、佐藤氏がどこで切れたのかが気になる。

たしかに僕も『周縁文化と世間様 - 地を這う難破船』を読んだ時はちょっとがっくり来た。ここはアジアです、とか言われても……。

あと、佐藤氏は「また更に醜悪な差別主義者が馬鹿を抜かし始めた」と書いているが、これは誰のこと?
まあ、「差別に関する公共の議論は根本的に無意味であり、社会による調停は必然的に失敗する、という現在の立場」という氏の言葉からして、のんきに議論している、と佐藤氏には映るはずの、関係者の誰であってもおかしくはないわけだが……。
posted by 甲虫1 at 2009年08月07日 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2009年08月03日

なんか、

あっちもこっちも急激に80年代化してないか。
posted by 甲虫1 at 2009年08月03日 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 断片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | このエントリーを含むはてなブックマーク |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。